ショップリストでの支払い方法

ショップリストでクレジットカードやデビットカードで支払いたい

クレジットカード

いろんなプチプラブランドをまとめて買えるファッションモールのような通販サイト「ショップリスト」では、

クレジットカードはもちろん、デビットカードも使えます。

クレジットカードで、分割払いにした場合は、金利手数料がかかりますが、一括払いの場合は手数料も無料です。

デビットカードの場合は、買い物の決済が終わると、すぐに、銀行口座から引き落としになる仕組みのカードなので、基本的には、分割払いはできません。

それでは、具体的に、ショップリストで「カード払いでショッピング」するやり方を見ていきましょう。

SHOPLISTで、クレジットカードやデビットカードでお買い物する流れ

ショップリストで買ったファッションアイテムの代金を、クレジットカード払いにしたい時には、

  1. アイテムのサイズやカラーを選んで
  2. ショッピングカートに入れ
  3. レジに進むと

「お支払い方法」の設定項目があるので、ここで、クレジット決済を選びます。

ショップリストのお支払い方法の設定画面
「クレジットカード決済」と書いてあるところをパソコンならクリック、スマートフォンならタップすると、クレジットカード情報の入力画面が開きます。

選択肢としては「クレジットカード決済」としか表示されていませんが、デビットカードで支払いをしたい場合も「クレジットカード決済」を選びます。

ショップリストで使うクレジットカードの情報を入力

入力欄が開いたら、ショップリストで支払いをしたいクレジットカードやデビットカードの情報を入力していきます。

ショップリストのクレジットカード情報 入力画面

ショップリストでのカード払いは、本人名義のクレジットカードしか使えません。

カードを持っていないので、親のクレジットカードで支払う…とかは、出来ないので、そこは、ちょっと注意が必要です。

クレジットカードの種類

まずは、ショップリストの支払いに使うカードの種類を入力していきましょう。

ショップリストで使えるクレジットカードの種類は、以下の通りです。

  • VISAカード
  • MASTERカード
  • JCBカード
  • AMEX(アメックス)
  • Diners(ダイナース)

デビットカードの場合は、VISAかJCBが多いと思いますが、デビットカードの場合も、ここで、使うカードの種類を設定します。

クレジットカード番号

クレジットカード番号を半角数字で入力していきます。

数字を4桁ごとに区切っているハイフン(横棒みたいな記号)の入力は必要なく、数字のみの連続入力で大丈夫です。

クレジットカードの有効期限

クレジットカードの有効期限を設定していきます。

有効期限は、クレジットカードの表面に、下のような形式で記載されています。

クレジットのカードの有効期限の記載部分

MONTH(月)と、YEAR(年)を確認して設定しましょう。

クレジットカードでは、年は、2000年代の上二桁が省略され、下二桁だけ記載されています。

※上の画像なら、20は、2020年のことになります。

セキュリティコード

セキュリティーコードは、クレジットカードに記載されている3桁または、4桁の数字のことです。

VISAカード、Masterカード、JCBカード、Dinersでは、クレジットカードの裏の署名欄の右側に数字が並んでいることと思います。

数字がたくさん並んでいる場合もありますが、下3桁がセキュリティコードになります。

アメリカン・エキスプレス・カード(AMEX)の場合は、表面で、クレジットカード番号の上の4桁の数字がセキュリティコードになります。

VISAカード、Masterカード、JCBカード、Dinersでは、入力必須です。

支払い回数

支払い回数では、一括払いにするのか、分割払いにするのか、などを入力していきます。

リボ払いは、ほとんどのクレジットカード利用可能ですが、一部できないものもあります。

カードの種類と利用できる支払い回数は、以下の通りです。

VISA、マスター、JCBで使える支払い回数

  • 一括払い
  • 3回の分割払い
  • 5回の分割払い
  • 6回の分割払い
  • 10回の分割払い
  • 12回の分割払い
  • 15回の分割払い
  • 18回の分割払い
  • 20回の分割払い
  • 24回の分割払い
  • リボ払い

 

ダイナーズカードで使える支払い方法

  • 一括払い
  • リボ払い

 

アメックスで使える支払い回数

  • 一括払い
  • 3回の分割払い
  • 5回の分割払い
  • 6回の分割払い
  • 10回の分割払い
  • 12回の分割払い
  • 15回の分割払い
  • 18回の分割払い
  • 20回の分割払い
  • 24回の分割払い

※アメックスの場合は、リボ払いは使えません。

  • 一括払い → 手数料無料
  • 分割払い・リボ払い → 各カード会社で定められた手数料が必要

また、分割払いは、カードの利用状況によっては使えない場合もあります。

クレジットカードの情報を登録するかどうか

いちばん最後の「このカード情報を登録する」のところは、ショップリストに、今、入力したクレジットカードの情報を登録するかどうかです。

左端のチェックを入れたままにしておけば「登録する」、チェックを外すと「登録しない」です。

チェックは、マウスでクリックしたり、スマホだったら、指でタップすると、入れたり、外したり出来ます。

クレジットカードを登録しておけば、次回からは、カード情報を入力しなくて済みます。

登録しないでおくて、カード情報がショップリストに記憶されないので、次回も、また、入力が必要になります。

ショップリストにカード情報を登録しても安全なの?

登録しておけば、次回からは、入力の手間がはぶけるので、登録しておきたいような気もするけれど、ここで、気になるのが、

ショップリストにクレジットカード情報を登録しても安全なのか、どうか、

っていうことですよね。

これは、意外に難しい問題です。

どんなに、一流企業であっても、絶対に安心っていうことはなく、カード情報が流出したりしてますからね。

なので、最終的には、あなたが、その会社を信頼できるかどうか、にかかって来ます。

私の場合は、もう6年もの付き合いになるし、

ショップリストを運営する「CROOZ SHOPLIST 株式会社」の親会社である「クルーズ株式会社」は、JASDAQにも上場してる、

っていうことで、一応、信用して、クレジットカード情報を登録しています。

クルーズ株式会社の企業情報や、グループ会社の情報は、以下からチェック出来ます。

クルーズ株式会社の企業情報

カード情報は登録したくないけれど、クレカ払いをしたい場合

いまいち信用できないので、ショップリストにカード情報は登録したくないのだけど、

クレカ払いはしたい!

という場合は、以下のような方法もあります。

★携帯料金と一緒に払う

携帯料金をクレジットカードで支払っていれば、

  • d払い
  • auかんたん決済
  • ソフトバンクまとめて支払い

などのケータイ払いを選ぶことによって、携帯料金と一緒にクレジットカードで支払うことが出来ます。

★ほかのサイト経由で払う

Amazon、楽天市場、Yahoo、LINE Payなどにアカウントがあって、そこに、クレジットカードが登録してあれば、そちら経由で支払うことも出来ます。

無料Wi-Fiでの接続中は、クレジットカード情報が盗まれたりする場合もあるので、注意が必要です。

私の場合は、自宅か、出先でも、LTE接続(3Gか4G)で接続してる時に買うことにしてます。

ショップリストでクレジットカードが使えない場合

カードの利用限度額を超えていたり、銀行口座からの引き落としできなくて、支払いが延滞したりしていると、ショップリストでクレジットカードが使えない場合もあります。

この場合は、お問い合わせは、クレジットカード会社になります。

また、今まで、使えていたのに、急に、使えなくなった場合は、ショップリストに登録していたクレジットカードの有効期限を過ぎてしまっている可能性があります。

決済時に有効期限のエラーが出たら、ショップリストに登録していたクレジットカードの有効期限を、最新のものに更新しましょう。

ショップリストはこちらから